So-net無料ブログ作成
検索選択

ドコモ、インドで携帯放送タタ系と14年にも

NTTドコモはインドで携帯端末向けの放送事業に参入する。出資先のインド携帯大手を通じ来春までに実証実験に着手、2014年のサービス開始をめざす。12年春に日本で始める次世代規格を、急拡大する新興国市場にいち早く投入。国内の携帯市場が飽和するなか、海外に成長の軸を移す。ドコモの規格が普及すれば、日本製の電話機やコンテンツの輸出拡大にもつながりそうだ。
アイオン RMTアラド RMT信長の野望 RMTFF14 RMTMir2 gold

「IT技術者」で来日、仕事はスーパー梱包作業

福岡県警は18日、IT(情報技術)技術者として来日させたカンボジア人男性3人をスーパーで働かせたとして、ソフトウエア開発会社「マルテック」(福岡県飯塚市幸袋)社長のマレーシア人、林維毅リムウィイ(39)(飯塚市下三緒)、スーパー「くるめチマキヤ」(同県久留米市善導寺町島)社長、宮崎貴吏(40)(同市山川町)ら4容疑者を入管難民法違反(不法就労助長)容疑で逮捕した。在留期間が長いIT技術者のビザを悪用したとみて調べている。他に逮捕されたのは、宮崎容疑者の弟でスーパー取締役の陽吏(36)(同市善導寺町島)、飯塚市のスーパー経営、酒井優(31)(飯塚市枝国)の両容疑者。発表によると、林容疑者らは昨年12月5日、カンボジア人男性3人(24~27歳)をマルテックのIT技術者として入国させたにもかかわらず、「くるめチマキヤ」で働かせ、不法就労を助長した疑い。宮崎容疑者だけが「間違いありません」と容疑を認め、林容疑者は「スーパーの在庫管理システムの開発を勉強させていた」などと否認しているという。酒井容疑者は2001年頃、カンボジアの小学校日本語教師をしていた。3人はこの時の生徒で、酒井容疑者から「スーパーで働かないか」と誘われ、一般の就労ビザより在留期間が2年長い5年のIT技術者の資格で来日。月給4万5000円で商品の梱包こんぽうなどをさせられていた。(2010年10月18日14時02分読売新聞)
アイオン RMTアラド RMT信長の野望 RMT

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。